赤外線リモコン信号中継器(赤外線リピーター)

  • 赤外線リモコン信号中継器

 
  • 距離が遠かったり、隠れた場所にある機器に、リモコンの赤外線信号を中継します。

  • 中継器の赤外線受信窓に向けてリモコン信号を送信すると、赤外線LEDから同じ信号を発信します。
    (同時に受信確認LEDも点滅します)
  • ・赤外線LEDヘッドを任意の方向に回転できます。
  • ・赤外線LEDヘッドを取り外して、延長コードで伸ばせます。
  • ・赤外線照射距離は、約7~10mです。
    (受信する機器により、距離は異なります)
  • ・一般のリモコンの赤外線信号も中継できます。
    (すべての赤外線リモコン信号のデータの中継を保証するものではありません)
  • 赤外線リモコン信号 中継器

  • ※リモコン信号中継器を使用するには、ACアダプタ(出力電圧DC9V、最大1A以上)が必要です。
 
  • 赤外線リモコン信号中継器のハードウェア

  • タイマIC「555」を使用した回路です。
  • 赤外線リモコン信号中継器

  • 技術情報(回路図など) >>

    赤外線リモコン信号中継器回路

    赤外線リモコン信号中継器回路

    自作される方へ
    ・この回路は、個人使用・業務使用のいずれでも、ご自由にご使用ください。
    ・この回路を基に製作した機器により損害が生じても、損害に対する賠償・補償は出来かねますのであらかじめご了承ください。
    ・150Ωx4個の抵抗を39Ωx1個にすると、周波数調整時にかなり発熱しますのでご注意ください。
    (上図のカーボン抵抗は、すべて1/4Wを使用しています)
    回路図(PDF)プリント基板版下(PDF) は左記よりダウンロードできます。
    周波数調整方法
    ・オシロスコープを使用する場合
    1.ジャンパスイッチを周波数調整側にします。
    2.半固定抵抗で、周波数測定用ピンのS-D間の波形を、1(秒)÷38(kHz)≒26(μs)に調整します。
    3.ジャンパスイッチを運用側にします。
    ・オシロスコープを使用しない場合
    1.ジャンパスイッチを運用側にします。
    2.赤外線受信モジュールの正面に赤外線LEDを置きます。
    3.お手持ちのリモコンから、受信モジュールに向けて赤外線信号を送ります。
    4.受信確認LEDがすぐに消灯してしまう場合は、「5」の状態になるまで半固定抵抗を調整します。
    5.周波数が合うと、赤外線LEDと受信モジュールの間で帰還回路(音響でのハウリング状態)となり、受信確認LEDが点灯したままになります。
    6.電源を切るか赤外線LEDを離して、受信確認LEDを消灯させます。